自然災害から身を守るのに欠かせない地質調査|耐震性が分かる

  1. ホーム
  2. 生活に安全は大切です

生活に安全は大切です

作業員

安全性を確認できます

土壌は、動物や植物を育てる環境です。日本人は、都市文明を発展させる過程で土壌の恩恵を受ける機会は減少ていると考える傾向があります。しかし、農産物の生育は勿論、日常生活で土壌に不具合がると住環境を悪化させる恐れは高くなります。しかし、土壌内には様々な成分が混ざっていますから、直接見ただけでは危険性の判断は困難です。土壌汚染調査は、専門家による専用機器を使った調査活動です。近年は、工場跡地等の再開発が、精力的に進められています。また、工業的に発生の避けられない重金属や有機化合物が、土壌を汚染している場合が少なくありません。宅地化してから健康被害を及ぼす可能性が高いので、土壌汚染調査による安全性の確保が欠かせません。

専門性の高い調査です

土壌には様々な成分が含まれていますから、どのような場所にでも有害物質が存在している可能性はあります。したがって、工場跡地等の明確な要因がなくても、危険性を完全に排除できる訳ではありません。しかし、存在するから危険な訳ではなく、健康被害に繋がる水準の濃度があった場合に注意が必要です。土壌汚染調査は、土壌内に含まれている有害物質の量を精密に調べます。つまり、その調査内容には、正確性が求められます。なので、土壌学や地質学、分析化学等の広範な科学療育の専門性に基づいて、信頼性は確保されています。その結果、土壌汚染調査に関する技術を備えている専門機関は限られていて、環境大臣から調査機関として認定を受けています。

このエントリーをはてなブックマークに追加