自然災害から身を守るのに欠かせない地質調査|耐震性が分かる

工事

建築物における耐震対策

地震大国にあるわが国では、沖積層の砂質土層が分布する場合は、地盤の液状化が懸念されます。そこで、ボーリングによる地質調査によって得られた地下水位の位置や、平均粒径といった地盤特性を把握することで、経済性にも優れた効率的な液状化対策立案へとつなげることが可能となります。

地質を知るための調査とは

工事現場

地のデータから策を考える

地質調査は基本的に学術目的や資源調査などのために行われることが多く、土砂崩れや地震による被害の推測など自然災害が起きた時の対処や起きる前の予防に役立つ作業です。事前調査の段階では地質調査に基づいた付近地域の図や文献による調査を行い、空中から写真を撮ったり衛星写真を確認したり地形の地を見たりして、地質調査に取り掛かる前の解析をします。地質調査に取り掛かることになったら、岩・石・地層などを見て露頭を探したり、斜面などについてクリノメーターと呼ばれるものを使って測定したりと色々な方法で調査をします。これら調査報告を記録し、調査が終了したら図などを作成して調査結果を出します。近年は地震による自然災害が多いため、地質調査の需要が高まっているのです。

家を建てる際も行われる

地震が多くなっている影響から、家を建てようとしている土地や住んでいる土地の地盤をチェックする人が増加傾向にあります。そのような調査は地盤調査とも言われますが、地の状態をチェックする作業なので地質調査も地盤調査に含まれます。家が耐震性で強くても、土台となっている土地部分が弱い場合は元も子もありません。地震は倒壊被害が多い災害ですが、地が丈夫であれば家を守ることは可能です。地震の他に、地盤沈下の心配から地盤調査及び地質調査が実施されることも多いです。地盤沈下というのは家の重さで地が沈む現象のことで、家の耐震性を低下させる原因となります。地質は土地によって異なる場合が多いのですが、部分的に違うところもあるので家を建てる前には地盤調査や地質調査と呼ばれるチェックが大事です。

ヘルメット

ソフト面の安全性をはかる

防火対象物点検とは建物のソフト面から安全性をはかるためのものです。毎年行わねばならないため、業者に依頼するのも方法の1つでしょう。行うことで安全な建物とPRできるというメリットもあります。しかし、行わねば罰則もあるので注意が必要です。

作業員

生活に安全は大切です

土壌は、動物や植物を育む環境です。日本人は触れる機会が減っていても、健康面に多大な影響を受けています。土壌汚染調査は、工場跡地等の安全性を確認するために欠かせません。危険性を判断できる正確性が必要なので、広範な学術技術が要求されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加